審査員紹介


審査員長

エフエムまつもと局長

宮嶋 孝好 MIYAJIMA TAKAYOSHI

 

地元新聞社やケーブルテレビ局で記者や企業運営を経て、エフエムまつもと局長へ。現場にこだわって40年のマスメディア人。モットーは地元の新鮮な情報を正確に、迅速に、地元目線で伝えること。自称情報コンサルタント。

 

《高校生にヒトコト!》

当コンクールの参加者から日本を代表する未来のキャスターが誕生したら嬉しいです。頑張ってください!

 



審査員

エフエムまつもと制作

川澄 巴里人 KAWASUMI PARIHITO

 

ニューヨーク歴20年の元ニューヨーカー。19歳で単身渡米し、NYで舞台俳優を志して福山桜子主宰のアクターズスクールへ通い現地舞台を踏む。帰国後はFMまつもとで国際的な視点を生かして番組制作を担当。

 

《高校生にヒトコト!》

高校生のみなさん、自分の可能性を信じ、視野を広げて羽ばたいてください!

Spread your wings!

 



審査員

女 優

下地 尚子 SHIMOJI NAOKO

 

松本市を拠点にする劇団・TCアルプに所属。日本大学藝術学部演劇学科出身。主な出演作に『空中キャバレー』(串田和美演出)、『人間ども集まれ!』(木内宏昌演出)、『モンスターと時計』(森新太郎演出)等多数。

 

《高校生にヒトコト!》

高校生の時、放送コンテストに出場していました!どんな声や言葉が聞けるのか、

とても楽しみにしています。 

 



審査員

フリーアナウンサー

小出 伊保 KOIDE  IHO

 

高校・大学時代は放送部活動に没頭。元信越放送アナウンサー。松本市朗読奉仕団ひびきの会会員やNHK文化センター朗読教室講師として声で表現する活動に長く携わっている。2018信州総文祭アナウンス部門審査員。

 

《高校生にヒトコト!》

部活にかけてきた情熱を“声”に込めて、思いきり表現してみてください!

高校生のエネルギー、楽しみです。

 



審査員

フリーアナウンサー

生田 和徳 IKUTA KAZUNORI

 

第50回NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門全国優勝。テレビ・ラジオのナレーションやJリーグ・Bリーグの実況を担当。2018信州総文祭アナウンス部門審査員。長野県の高校放送部活動に関わってもうすぐ20年!

 

《高校生にヒトコト!》

みなさんの生活にもニュースは溢れています。《なぜ?》を大切に、あなたの見つけた“特ダネ”待ってます!

 



私たちはみなさんの声を楽しみに待っています!